私信 : UAE都市の景色とラジオ局

とうの昔にオーストラリア、アメリカ、そして一昨年台湾に住んでいた時は、すぐに友達ができました。音楽が好きだったのが高じて周りは同じ趣味の仲間が集い、類は友を呼ぶというのは誠でありそれが私を救ってくれると思っていました。が、UAEではなかなかそれが難しい。

UAEが建国されたのは47年前、割と最近。もともと遊牧&漁業が根付いていた土地だったのですが1950年代に石油が発掘されてから急激に変化、油田開発によりバブリーな成長を遂げ国民の生活は保障され豊かなものに。しかし、厳格なイスラムの教えに基づいたライフスタイルは変わらず、国外から入ってくるものに関しては厳しい検閲もありますしネット上の情報も規制されてるものも多く、反骨精神溢れるアートや思想はもちろんアウト、伝統文化以外のカルチャーは根付きづらい土地であり、ボーダレスに共有されていてシェアできるものと思っていたポップカルチャーも通じない場面が多いのかも。

そして、UAEの国民の方々、いきなりお金を持ってしまったせいなのか、良くも悪くも成金趣味といいますでしょうか、とりあえずなんかイケてる現代アートっぽいっしょ、それっぽく寄せてるっしょ!的な、それっぽいもの、という力のないアートが街にあふれており、ハリボテ感が否めません。IKEAとかでとりあえず売られているなんとなく様になるそれっぽいポスターみたいな。(しかし、こちらの豊かさの証であるゴールドをふんだんに取り入れたキンキラでラグジュアリーなインテリアや高層ビルは大好きです。エンターテイメント性が高い!)

私、こちら(アブダビ⇄ドバイ)で車に乗る時はいつもとあるラジオ局を聞いております。それは、radio2と呼ばれるfm局。前はiPhoneをスピーカーに繋いでApple Musicでシャレオツ音楽を流していたのですがなにかが違う。しっくりこない。しかし、このradio2から流れる80年代90年代のポジティブ往年ヒット曲が街のバブリーな景色にピッタリあう。

この局のdj達はぶっちゃけ音楽にあまり造詣が深くなさそうなヨーロッパ圏出身のおじちゃんやお姉ちゃん達。ちょっと音楽好きだけどなんとなくdjっぽく、それっぽく振舞っていたらたまたまコネでラジオ仕事をゲットした感が。あくまでも憶測だけど。もしかして音楽は大好きだけど、どうせ何を流そうと理解してもらえないだろうという諦めが入っているかもしれない。けどどうだろう。それといった拘りがあるわけではなく、親戚の集まりでおじさんが、この曲懐かしいネェ〜とか言いながら昔のヒットソングをYouTubeを流しているような感じが否めない。実家の居間DJ。

私、アメリカや日本でドライブする時は、仲間で共感、共有できるエモい曲を聞きながら高速を走るのが楽しみだったけど、この土地は全くエモが似合わない。カラカラの砂漠地帯と金銀に光るビル群にはジメッとしたダークさがない。joy divisionもpixiesも似合わない。ここには、バブリーでポジティブ、心に響かない歌詞が満載の往年のヒット曲がピッタリだという結論に落ち着きました。そこでもう最近は、radio2よく分かってるじゃん!とすごくリスペクトしてます。

そして、radio2で流れていた曲をちょびっとシェア。ダサいい!ダサしみる!




これはタランティーノ映画のサントラで聴いた気が、と、
アブダビを尋ねてきた山口洋佑画伯と話していたけど、
ワイルドアットハートで使われてるそうな。リンチか。






往年ヒット曲ではないけれどエラメイたんのこの曲、いろんな所でよく流れてる、
可愛いからついでにアップ。

Comments

Popular Posts