Skip to main content

Posts

Featured

New means nothing.

パーソナルな話です。
様々な思いつきや悪ノリで道草ばかり食っていたら、あっという間に前のポストから10ヶ月も経ってしまいました。
私、ここ一年ちょいで、引越し3回、今後のためにと思い株式会社ガロモを設立、その直後から業務委託という形でちょっとおかしな仕事を始める、好奇心で参加した婚活パーティーにて一瞬にして結婚を決める、おかしな仕事を早々に辞める、辞めたら辞めたで暇すぎて身体を鍛え始め体重5キロ減の体脂肪7パーセント減、両家顔合わせの後そそくさと婚姻届提出、中国での割と特殊な取材体験、最後にアメリカ満喫の旅、アブダビへ移住、などなどの出来事が巻き起こってました。そして今、アブダビに到着してから早2週間が経ちました。
目まぐるしいようですがあまり何も考えていなかったせいか、全てにおいて実感がないままでしたが、新居を整えたり毎日家事をしたり早寝早起きをしたりと、今までにないライフスタイルを歩み始め、礼拝の時間になると町中に爆音で響くコーランを聞いて、あぁ遠い所まで来てしまったもんだと感じてます。街に漂う砂埃や独特なムスクの香り、現地の人々(一部だと思うけれど)のスパイスっぽいきつめの体臭や雑だけど気のいい業者さん達。悪いところがあれば良いところも沢山あるというのはどこも同じである。苦手だと感じていたことも少しづつ愛着が湧いてきそうな予感、、、だといいなぁ。
でも実際のところ、恋愛なんてすっ飛ばして良かれと思い勢いに任せ、お互いをよく知らず(良く言えば)昭和のお見合いのような結婚をしてしまい、その上ほぼほぼ興味本位でアブダビなんて思いも寄らなかった地に来てしまったので、好奇心では捩じ伏せることができない現実に直面してしまったかも、と、こちらに到着して3日目にしてようやく気づき、泣きながら両親に電話をして早々に心配をかけたけど、数日経って身の回りが落ち着いてくると、私はなんでもアリのオープンでリベラルな人間と見せかけつつも、心の中ではいつの間にか恋愛そして結婚に対しての固定概念が築き上げられていて、愛溢れる恋愛を経てのキラキラした幸せな結婚たるステレオタイプな概念に、実際のところ囚われまくっていたと今さら気付きました。しかし、何かしらの勘が働いた私の決断に後悔はしてないし、自分は自分、人は人、十人十色。まさに結婚も恋愛も何に関しても何が正解なんてなくて、人それぞれだと理…

Latest Posts

in air on air vol.1: Mars89

End of 2017: fukin

Date with you: Itsumi

"Midwinter In Seoul" by Yoonkee Kim

Date with You: Karin

Recent random song list by Mari

gallomo shop open

「NEW RED」刊行、刊行記念POP-UP SHOP開催

Mix Tape: MATERIAL "Long Bathtime Playlist"

Mix Tape: Imiarige "Imiarige Album Cover"